クラリティAI、SFDRに沿ったインデックスとETFの構築手法を発表

10月3日、サステナビリティ・テクノロジー・プラットフォームのクラリティAIは、インデックス・プロバイダーやETFプロバイダーがEUのサステナブル・ファイナンス・ディスクロージャー規制(SFDR)に沿った商品を構築し、販売することを支援することを目的とした新しい手法を発表した。

EUのSFDRは、持続可能な成長のための資金調達に関するEUの行動計画の一部を成している。同規則は、投資家やアドバイザーを含む金融市場参加者に対し、サステナビリティ・リスクの統合に関する透明性、プロセスにおけるサステナビリティへの悪影響の考慮、および金融商品に関するサステナビリティ関連情報の提供に関する調和されたルールを確立することを目的としている。

クラリティAIは、機械学習とビッグデータを利用して、投資家、組織、消費者、政府に環境および社会に関する洞察を提供する。2023年9月現在、クラリティAIのプラットフォームは7万社、43万ファンド、201カ国、199地方自治体を分析している。

持続可能なインデックスとEFTの手法により、インデックスやETFのプロバイダーは、SFDR第2条17項に概説されている欧州連合の持続可能な投資の定義に該当する商品を構築、定義、販売することができる。クラリティAIによると、金融市場参加者は、この手法を利用して、国連持続可能な開発目標(SDGs)やEU分類法の貢献度、SFDRの原則的有害影響指標(PAI)などに関する基準値を設定するなど、企業がどのように持続可能な投資評価に合格するかを、規制で認められている範囲内で判断することができる。

【参照ページ】
(原文)Clarity AI Introduces its First SFDR-aligned Sustainable Investment Index Methodology
(日本語参考訳)クラリティAI、SFDRに沿ったインデックスとETFの構築手法を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る