日産、欧州でEVに特化した販売を開始

9月25日、日産は、2030年までに欧州でEVを導入することを目指し、今後欧州で発売するすべての新型車をEVにすると発表した。

本発表は、日産が2021年に発表した「アンビション2030ビジョン」に続くものである。自動車の電動化を長期戦略の中核に据え、5年間で180億ドル(約2.7兆円)近い投資を行い、EVラインナップの拡充と技術革新に注力する。

EVへの移行は、世界的な排出量目標を達成するために不可欠であると考えられている。国際エネルギー機関(IEA)によると、自家用車とバンは2022年にCO2排出量の10%を占める。欧州では、2018年から2022年の間に、EVと電動車両の販売台数は市場全体の5%から44%に増加し、EVの販売台数は市場全体の1%から12%に増加した。

日産の2030年という期限は、EUが2035年からEU域内で登録される新車とバンのCO2排出量を100%削減することを義務づける目標や、英国が最近改定した2035年のガソリン車とディーゼル車の販売禁止に5年先行することになる。

EVへの移行は、化石燃料で走る自動車に比べてEVの価格が高いことが主な理由で、想定よりも遅れている。日産は、独自の全固体電池(ASSB)を搭載したEVを2028年度までに発売することを目指しており、これにより電池パックのコストを2028年度までに1kWhあたり75ドルまで下げる。将来的にはさらに65ドルまで下げてEVとガソリン車のコスト・パリティを達成することを目標としているという。

日産はまた、コバルトフリー技術を導入し、2028年度までにEV用バッテリーのコストを65%下げることも目指している。

【参照ページ】
(原文)Nissan counts down to electric-only sales in Europe
(日本語参考訳)日産、欧州でEVに特化した販売を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る