EU、消費者製品に含まれるマイクロプラスチックを禁止

EU、消費者製品に含まれるマイクロプラスチックを禁止

9月25日、欧州委員会は、化粧品、洗剤、玩具など、マイクロプラスチックが添加された一連の製品の販売禁止を含む、マイクロプラスチック汚染との闘いを目的とした一連の措置の採択を発表した。

マイクロプラスチックは、充填剤、テクスチャーの提供者、乳化剤としての適用性から、多くの製品に添加されることが多いが、環境中に放出され、何世紀にもわたってそこに留まり、海洋、淡水、陸上環境に行き着き、生態系や食物連鎖を汚染し、人間や動物に健康への悪影響をもたらす。

新規則では、マイクロプラスチックの販売と、マイクロプラスチックが意図的に添加された製品の販売が禁止され、人工スポーツのサーフェスに使用される粒状インフィル材などが新しい制限の対象となる。また、環境における意図的なマイクロプラスチックの最大の発生源である、人工スポーツの表面に使用される粒状充填材、角質除去、テクスチャー、香料、着色などの目的でマイクロプラスチックを使用する化粧品、洗剤、柔軟仕上げ剤、光輝剤、肥料、植物保護製品、玩具、医薬品、医療機器などが、新たな制限の対象となる。

マイクロプラスチックを含むが放出はしない建材や、工業用地で使用される製品など、禁止措置の影響を受けない製品もある。これらの製品は引き続き販売される可能性があるが、新たな措置により、製造業者はマイクロプラスチックの推定排出量を毎年報告し、製品の使用および廃棄におけるマイクロプラスチックの排出防止に関する指示を提供することが義務付けられる。

本規則は、マイクロビーズを含む化粧品など一部の製品については、欧州委員会が新措置を採択してから20日後に適用されるが、その他の化粧品については4~12年、スポーツピッチについては8年といった移行期間を経て、ほとんどの製品に禁止措置が適用される。

欧州化学物質庁(ECHA)は、産業界、スポーツクラブ、自治体などの利害関係者が新対策に要する費用を今後20年間で最大190億ユーロ(約2兆円)と見積もっており、新ルールによって約50万トンのマイクロプラスチックが環境中に放出されるのを防ぐことができるとしている。

【参照ページ】
Protecting environment and health: Commission adopts measures to restrict intentionally added microplastics

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る