EYとIBM、ESGデータおよびサステナビリティ戦略ソリューションを提供開始

EYとIBMが提携、ESGデータおよびサステナビリティ戦略ソリューションを提供開始

3月8日、グローバルなプロフェッショナル・サービス企業であるEYとハイテク企業であるIBMは、企業がサステナビリティに関連するビジネス変革やイニシアティブを加速・管理・報告するためのESGソリューションを提供することを目的とした拡大協業を発表した。

本協業では、スコープ3の温室効果ガス(GHG)排出量の算定・管理、ESGマネージド・サービス、スコープ1、2、3の炭素捕捉・分析・意思決定支援ツール「SEAM」などを提供する予定である。最先端のテクノロジーと多様なハイブリッドITランドスケープでオーケストレーションしたものを提供すると述べている。

本提携は、EYとIBMがそれぞれサステナビリティと気候変動に焦点を当てた能力とソリューションを顧客向けに構築している中で実現した。両社は、今回の提携を発表する声明の中で、「新たなデータ標準を深く理解することで、ESGデータの膨大な複雑性に対処する」と表明している。

EYが最近発表した一連のサステナビリティ目標の中で、クライアントが収益性の高い脱炭素化を実現し、その他のサステナビリティ課題や機会に対するソリューションへの投資を約束した。EYの(CCaSS)プラクティスは、気候変動やその他のサステナビリティ問題から生じるリスクと機会の管理を支援する。

IBMは、企業が自社のビジネスに直面する環境および気候関連のリスクを予測・監視・報告し、自社の気候に関する取り組みを管理する、AI主導のEnvironmental Intelligence Suiteなどのソリューションを発表している。昨年は環境パフォーマンスデータおよび分析ソフトウェアプロバイダーのEnviziを買収した。

今回の協業では、EYのCCaSSプラクティス、IBMのEnviziおよびEnvironmental Intelligenceスイートなどを活用し、企業が資産レベルでの脱炭素アクションプランを運用できるよう支援する。

【参照ページ】
(原文)EY and IBM Collaborate to Address Complex ESG Challenges and Drive Value-Led Sustainability
(日本語参考訳)EYとIBMが提携、ESGデータおよびサステナビリティ戦略ソリューションを提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る