WBCSDとISSB、サステナビリティ開示のための作成者フォーラム設立

6月26日、持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSDは、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)が、IFRS S1「サステナビリティ関連財務情報の開示に関する一般要求事項」とIFRS S2「気候関連の開示」を公表したこと受け、実施を支援する「開示のための作成者フォーラム」の設立を発表した。WBCSD内のイニシアティブ「Redefining Value」が運営を担う。

作成者フォーラムは、ISSB開示基準を実施しつつ、他の主要なサステナビリティ報告枠組みや規制との整合性を最大化するため、必要なガバナンスや管理能力、システム、プロセスを特定した上で、WBCSD会員企業を支援する。また、ISSBと緊密に協力し、IFRS基準のさらなる発展を支援するためのフィードバックも提供する。

WBCSDは今後、ISSB基準と現行の欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の草案を比較分析した導入ガイドを発表する予定である。企業が導入のための重要な検討事項や有用なリソースを特定できるようにする。

【参照ページ】
(原文)WBCSD welcomes ISSB Standards and launches a Preparer Forum for Sustainability Disclosure
(日本語訳)WBCSDとISSB、サステナビリティ開示のための作成者フォーラム設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る