GIIN、投資先のインパクトを分析する「IRIS+ impact performance benchmark」のβ版を発表

GIIN、「IRIS+ impact performance benchmark」の初のベータ版を発表

3月29日、Global Impact Investing Network (GIIN)は、「IRIS+ impact performance benchmark」の初のベータ版を発表した。

本ツールは、投資先のインパクト・パフォーマンスを分析し、比較することができる画期的な機能である。また、特定のセクターやSDGsのようなグローバルな目標に関連する同業者との比較も可能である。

IRIS+の各インパクト・パフォーマンス・ベンチマークは、投資家に対して重要業績評価指標(KPI)と共に、インパクトの大きさを提示する。投資家は、より効果的な投資決定を行うために必要なデータを得ることが可能になる。

GIINは、「IRIS+ impact performance benchmark」のベータ版を開発するために、13の機関投資家と協力した。

ベータ版は現在、IRIS+のユーザーで直接投資を行っている一部のアセットオーナーやマネージャーを対象に提供されている。ベータ版ユーザーは、ベンチマーク機能をフルに利用することができ、比較可能な投資対象を動的にフィルタリングしてカスタマイズしたピアセットを作成したり、パフォーマンスの変化を時系列で追跡したりすることができる。

GIINは順次、追加セクターでの impact performance benchmark 立ち上げていく予定である。今後、農業やエネルギーなどのセクターが追加される予定である。

【参照ページ】
INVESTORS WILL NOW BE ABLE TO BENCHMARK THEIR IMPACT PERFORMANCE IN SPECIFIC SECTORS, BEGINNING WITH FINANCIAL INCLUSION

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る