GIIN、投資先のインパクトを分析する「IRIS+ impact performance benchmark」のβ版を発表

GIIN、「IRIS+ impact performance benchmark」の初のベータ版を発表

3月29日、Global Impact Investing Network (GIIN)は、「IRIS+ impact performance benchmark」の初のベータ版を発表した。

本ツールは、投資先のインパクト・パフォーマンスを分析し、比較することができる画期的な機能である。また、特定のセクターやSDGsのようなグローバルな目標に関連する同業者との比較も可能である。

IRIS+の各インパクト・パフォーマンス・ベンチマークは、投資家に対して重要業績評価指標(KPI)と共に、インパクトの大きさを提示する。投資家は、より効果的な投資決定を行うために必要なデータを得ることが可能になる。

GIINは、「IRIS+ impact performance benchmark」のベータ版を開発するために、13の機関投資家と協力した。

ベータ版は現在、IRIS+のユーザーで直接投資を行っている一部のアセットオーナーやマネージャーを対象に提供されている。ベータ版ユーザーは、ベンチマーク機能をフルに利用することができ、比較可能な投資対象を動的にフィルタリングしてカスタマイズしたピアセットを作成したり、パフォーマンスの変化を時系列で追跡したりすることができる。

GIINは順次、追加セクターでの impact performance benchmark 立ち上げていく予定である。今後、農業やエネルギーなどのセクターが追加される予定である。

【参照ページ】
INVESTORS WILL NOW BE ABLE TO BENCHMARK THEIR IMPACT PERFORMANCE IN SPECIFIC SECTORS, BEGINNING WITH FINANCIAL INCLUSION

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る