Scania、グリーン・スチールの初受注を発表

6月27日、スウェーデンを拠点とするトラック・バスメーカーのScaniaは、スウェーデンのスタートアップであるH2 Green Steelと新たな契約を締結し、トラックの製造に使用する低炭素鋼を供給することで、同社のサプライチェーンの脱炭素化を目指すことを発表した。

本発表は、Scaniaにとって初のグリーン・スチールの発注であり、2030年までにサプライチェーンを脱炭素化するという昨年の同社のコミットメントに続くものである。

その際Scaniaは、2030年までに生産において100%グリーン・バッテリー、グリーン・スチール、グリーン・アルミニウム、グリーン鋳鉄を目標としていると述べた。

ScaniaはFMC(First Movers Coalition)のパートナーであり、脱炭素化が課題となっている分野の企業に対し、低炭素製品の購入を増やすよう奨励している。今回の新規契約は、FMCの一環として相当量のグリーン・スチールを購入するという同社のコミットメントをサポートするもの。

2020年に設立されたH2 Green Steelは、スウェーデンのボーデンに世界初の化石燃料を使用しない大規模な鉄鋼工場を建設しており、同プロジェクトには鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。同社は、酸化鉄から酸素を除去するためにグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2排出の大部分を回避し、製造工程で発生するエネルギー需要には100%再生可能な資源からの電力を使用する。

H2 Green Steelは2025年の生産開始を目指しており、2030年までに500万トンのほぼ化石燃料を使用しない鉄鋼を生産する計画だ。

【参照ページ】
(原文)Scania places first green steel order in further step towards decarbonised supply chain
(日本語訳)Scania、Green Steelの初受注を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る