Iberdrola、EIBと約1,500億円超の融資契約を締結

Iberdrola、EIBと約1,502億円の融資契約を締結、100万世帯分の電力を供給する再生可能エネルギーを建設

6月12日、Iberdrolaは、欧州投資銀行(EIB)と10億ユーロ(約1,502億円)の融資契約を締結し、100万世帯以上の電力に相当する欧州各地の再生可能エネルギープロジェクトの建設に資金を提供することを発表した。

今回の融資は、スペイン、ポルトガル、ドイツにおける19の太陽光発電所と3つの陸上風力発電所を含む22の再生可能エネルギープロジェクトに資金を提供するものである。これらのプロジェクトの総設備容量は220万kW、総投資額は17億ユーロ(約2,555億円)に達すると予想されている。

本契約は、再生可能なクリーンエネルギー容量の導入を含む対策を通じて、ロシア産化石燃料への欧州の依存度を低減するEUの3000億ユーロ(約45兆円)規模の戦略であるREPowerEUを支援するEIBの融資パッケージの一部を構成している。

EIBによると、新契約による融資プロジェクトの多くは、一人当たりの所得がEU平均より低い地域で行われ、経済成長と雇用を促進することを目的とした投資も行われる予定である。

また、本プロジェクトには、太陽光発電プロジェクトの一部を風力発電やバッテリーシステムとハイブリッド化し、より安定したエネルギー供給を可能にするなど、自然エネルギーの送電網への導入を促進するためのイノベーション要素も含まれている。

Iberdrolaは、クリーンエネルギー容量の拡張を積極的に行っています。2020年後半、同社は750億ユーロ(約11兆円)の資本計画を打ち出し、その中には再生可能エネルギーへの今後数年間の大規模な投資が含まれており、2025年までに再生可能エネルギー容量をほぼ倍増させると見込んでいる。今後10年間で、1,500億ユーロ(約22兆円)の投資を目指し、再生可能エネルギー容量を3倍、ネットワーク資産を2倍に拡大するとしている。

2022年11月、Iberdrolaは、2030年までに発電所のカーボンニュートラルを達成し、2040年までに全バリューチェーンでネット・ゼロを達成する目標を発表した。

今回の発表は、昨年IberdrolaとEIBが締結した5億5000万ユーロ(約826億円)のグリーンローン契約に続くもので、スペインにおける風力発電所と太陽光発電所のポートフォリオ開発資金として、180万kWの発電容量を見込んでいる。

【参照ページ】
(原文)We sign €1 billion loan with EIB to accelerate energy transition in Europe
(日本語訳)欧州のエネルギー転換を加速するため、EIBと10億ユーロの融資に調印しました。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る