Novata、プライベート・マーケット投資家がESGパフォーマンスを比較するためのベンチマークを提供開始

Novata、プライベート・マーケット投資家がESGパフォーマンスを比較するためのベンチマークを提供開始

6月12日、プライベート市場のESGに特化したテクノロジープラットフォームであるNovataは、プライベート市場の投資家が同業他社と比較して自社のESGパフォーマンスを評価できるようにすることを目的として、ESGベンチマークの新しいコレクションを開始したことを発表した。

Novataは、S&Pグローバル、フォード財団、資産運用会社Hamilton Lane、社会変革を重視する投資会社Omidyar Networkを含むコンソーシアムが2021年に設立した公益法人で、複数の大手プライベートエクイティ会社や年金基金が支援・助言を行っている。

発売以来、Novataのプラットフォームは強い需要があり、すでに4,000社以上の民間企業と契約している。今年初め、同社は Hamilton Lane が主導し、Microsoftを気候イノベーションファンドを通じて投資家に加え、シリーズB資金調達ラウンドで3,000万ドル(約41億円)を調達したことを発表した。

ベンチマークは、23カ国の企業による3万件以上のデータに基づいている。

Novataは2022年11月にプラットフォームにベンチマークツールを導入し、ユーザーがESGデータを業界平均と比較し、改善の機会を特定できるようにしている。本日のリリースでは、プラットフォームのベンチマーク機能を大幅に拡張し、2022年の報告期間中に50のユニバーサルベンチマークと200以上のセクター別ベンチマークを搭載した。

【参照ページ】
(原文)Set New Standards for ESG Performance with Novata Benchmarks
(日本語訳)NovataベンチマークでESGパフォーマンスの新基準を打ち立て

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る