英国、グリーンウォッシングの取り締まりでShell、Petronas、Repsolの広告を禁止

英国、グリーンウォッシングの取り締まりでShell、Petronas、Repsolの広告を禁止に

6月7日、英国の広告規制機関である広告基準局(ASA)は、大手エネルギー企業であるShell、Petronas、Repsolのクリーンエネルギーへの取り組みを強調する複数の広告について、企業や製品の環境への影響について消費者に誤解を与える可能性が高いとして、一連の裁定を下し、広告を禁止した。

広告には、Shellのポスター、テレビ広告、YouTube広告、Petronasのテレビ広告、Repsolのオンラインディスプレイ広告が含まれている。Shellの広告には、英国南西部の7万8,000世帯と英国の140万世帯がShellまたはShell Energyの100%再生可能電力を使用しているとの主張が含まれており、「英国はよりクリーンなエネルギーの準備ができている」などのキャッチフレーズが付けられている。Repsolの広告は、同社が「バイオ燃料と合成燃料を開発して、ネット・ゼロ排出を達成する」としており、 Petronasの広告は、同社が「自然の問題」の一部となっていることを認めた上で、「進歩的なエネルギーとソリューションのパートナーになるために、点と点を結び始めた」と述べており、画面には “Net Zero 2050” という文字も含まれていた。

いずれのケースでも、ASAは、広告が誤解を招く広告や環境主張に関する規範に違反しており、現在の形態で再び表示されてはならないと裁定した。例えば、Shellは、広告が低排出ガス製品の認知度向上と需要拡大を意図したものであり、消費者はすでに同社を化石燃料製品の販売と結びつけていたと主張したが、ASAの裁定では、広告が 「Shellのビジネスのかなりの割合が低炭素エネルギー製品で構成されているという印象を全体的に与えた。Shellのビジネスモデル全体のうち低炭素エネルギー製品が占める割合に関するさらなる情報は、含めるべき重要情報であった」としている。

同様に、規制当局は、Petronasの広告には、同社が温室効果ガス排出に継続的に貢献している範囲に関する重要な情報が欠けているとした。Repsolの広告には、「ネット・ゼロ排出を達成するためにバイオ燃料と合成燃料を開発している」という主張には、燃料が単一の尺度としてネット・ゼロ排出を達成するわけではないとの文脈が欠けていると述べた。

【参照ページ】
ASA Ruling on Shell UK Ltd t/a Shell
ASA Ruling on Repsol SA
ASA Ruling on Petroliam Nasional Berhad t/a PETRONAS

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る