Stellantis、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式をFaurecia、Michelinと同等に取得へ

5月16日、自動車大手Stellantisは、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式33.3%を取得する拘束力のある契約に署名したことを発表した。取得したことを発表した。Stellantisが株主として加わることで、Symbioの欧州全域および米国での展開が促進される。

Symbioは、自動車部品製造Faurecia、タイヤ大手Michelinの合弁会社として設立した。それぞれ33.3%の株式を保有しており、今回Stellantisが出資に加わったことで均等出資となった。

Symbioは、2023年後半に生産を開始するフランス・サンフォンの最新鋭ギガファクトリーを活用し、2025年までに年間5万台の燃料電池を生産することを計画している。2022年、同社は、産業化の加速と破壊的イノベーションの開発を目的としたHyMotiveプロジェクトの実施を発表した。本プロジェクトにより、同社は2028年までにフランスでの年間総生産能力を10万システムとし、フランス国内で1000人の雇用を創出する予定である。

本取引は、規制当局の承認が必要であり、クロージングは 2023年第3四半期に予定されている。

【参照ページ】
(原文)Stellantis to Acquire Equal Stake with Faurecia and Michelin in Symbio, a Leader in Zero-emission Hydrogen Mobility
(日本語参考訳)Stellantis、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式をFaurecia、Michelinと同等に取得へ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る