Stellantis、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式をFaurecia、Michelinと同等に取得へ

5月16日、自動車大手Stellantisは、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式33.3%を取得する拘束力のある契約に署名したことを発表した。取得したことを発表した。Stellantisが株主として加わることで、Symbioの欧州全域および米国での展開が促進される。

Symbioは、自動車部品製造Faurecia、タイヤ大手Michelinの合弁会社として設立した。それぞれ33.3%の株式を保有しており、今回Stellantisが出資に加わったことで均等出資となった。

Symbioは、2023年後半に生産を開始するフランス・サンフォンの最新鋭ギガファクトリーを活用し、2025年までに年間5万台の燃料電池を生産することを計画している。2022年、同社は、産業化の加速と破壊的イノベーションの開発を目的としたHyMotiveプロジェクトの実施を発表した。本プロジェクトにより、同社は2028年までにフランスでの年間総生産能力を10万システムとし、フランス国内で1000人の雇用を創出する予定である。

本取引は、規制当局の承認が必要であり、クロージングは 2023年第3四半期に予定されている。

【参照ページ】
(原文)Stellantis to Acquire Equal Stake with Faurecia and Michelin in Symbio, a Leader in Zero-emission Hydrogen Mobility
(日本語参考訳)Stellantis、ゼロエミッション水素モビリティ会社Symbioの株式をFaurecia、Michelinと同等に取得へ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る