Normative、炭素法への準拠を支援するソリューションを無償で提供開始

6月21日、炭素会計エンジンであるNormative(ノーマティブ)は、EU、英国、米国における炭素法への準拠を支援する無料の「炭素法トラッカー」を発表した。

ノーマティブは、企業、消費者、投資家がカーボンフットプリント管理への関心を高めていること、また、法律がより厳しくなり、企業が排出量を説明する責任がより大きくなっていることから、新しいソリューションの提供を開始したと発表している。

新しいトラッカーは、地域、産業、規模などの事業に関する情報に基づいて、企業が従うべき規制を紹介する。

トラッカーは、EUのCSRD、英国のTCFDやSECR、SECの最近の提案など、企業がスコープ1、2、そして多くの場合スコープ3の排出量を開示することを求める現在および今後の法規制をカバーしている。本ソリューションは継続的に更新され、法制環境のリアルタイムなスナップショットを提供する。

【参照ページ】
(原文)Determine your reporting requirements with the Carbon Legislation Tracker
(日本語訳)Normative、カーボンレポートコンプライアンスを実現するソリューションを無償で提供開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る