コカ・コーラ、水に関する行動を加速させる3つの目標を発表

 

3月25日、コカ・コーラは、国連2023年水会議において、水に関する行動を加速させる3つの目標を発表した。

会長兼CEOのJames Quinceyは、同社が最も必要とされる場所に水への投資を優先させる方法を共有した。同社の2030年水戦略は、事業を展開し、飲料の農産物を調達し、人々の生活に関わる場所である事業所、地域の流域、コミュニティにおける水の安全保障を実現することを目的としている。

同社は、戦略の主要な重点分野に関連する以下3つの目標を発表した。

  • 2030年までに、「リーダーシップ拠点」と認定された175の施設において、循環型水利用(再生水利用)を100%達成
  • 2030年までに、当社の事業および農業サプライチェーンにとって最も重要であると特定された60の流域の健全性を改善するために、パートナーと協働
  • 2021年から2030年の間に、世界の自然や地域社会に累計2兆リットルの水を還元することを目標

会議の中で、SVP兼チーフコミュニケーション、サステナビリティ、ストラテジックパートナーシップオフィサーのBea Perezは、国連グローバルコンパクトやCEO Water Mandateなどのイニシアティブである「水に関する行動を加速するビジネスリーダーのオープンコール」に同社が参加することを発表した。本取り組みには、コカ・コーラ フェムサ、アルカ コンチネンタル、コカ・コーラ ユーロパシフィックパートナーズの3社のボトリングパートナーも参加し、集団行動を促進する。

本取り組みは、同社が事業やサプライチェーン全体で水の回復力を構築するために提携し、2030年までに少なくとも100の脆弱な水域で集団的な水のプラスの影響を達成するためにパートナーと協力することを意味する。

また、コカ・コーラ基金は、水不足や気候変動の影響を受けるコミュニティのための起業家的ソリューションを拡大するため、グローバル非営利団体Imagine H20に125万ドル(約1億6,519万円)の助成金を最近授与した。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Shares Key Goals Detail
(日本語訳)コカ・コーラ、水に関する行動を加速させる3つの目標を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る