Veolia、顧客の脱炭素化を加速させる「GreenPath Zero Carbon」オファーを開始

 

3月2日、Veoliaは、自治体、第三次産業、産業界のお客様が脱炭素ロードマップを構築・実行し、現在および将来の気候問題へのビジネスモデルの適応を支援する、これまでにないグローバルオファーを開始することを発表した。本提案は、2030年までに温室効果ガス排出量を55%削減し、2050年までにカーボンニュートラルになるという欧州連合の気候変動目標の達成に直接貢献するソリューションを提供する。

本提案は、バリューチェーン全体をカバーし、顧客が最大80%の排出量を削減することを可能にする。Veoliaの水、廃棄物、エネルギーの専門分野で特定された100のソリューションのポートフォリオで構成され、そのうち80%は既存のもの(エネルギー効率、燃料転換など)、20%は革新的なもの(CCUS、グリーン水素など)である。本サービスは、グリーンパス・デジタル・プラットフォームに基づいており、お客様は、排出量、ウォーターフットプリント、生物多様性を目録化するツールを使って環境パフォーマンス全体を測定し、適切な長期的技術ソリューションを選択することができる。

Veoliaは、例えば以下のように産業界の顧客の排出量削減を支援することが可能である。

  • 生産工程の上流:再生プラスチックや低炭素燃料(回収固形燃料)などを供給
  • 生産工程:エネルギー効率の改善、化石エネルギーの代替、脱炭素・低炭素エネルギーへの転換、水消費と関連排出の削減
  • プロセスの下流:廃棄物のリサイクル、プロセスエネルギーの回収、廃水の再利用
  • 水素や二酸化炭素の回収・貯留などの主要な新興分野におけるパイロットプロジェクトを開発し、イノベーションを実現

【参照ページ】
(原文)Veolia launches “GreenPath Zero Carbon” offer to help its clients accelerate their decarbonization
(日本語参考訳)Veolia、顧客の脱炭素化を加速させる「GreenPath Zero Carbon」オファーを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る