LVMH、化粧品・香水ブランド向け持続可能なパッケージングでDowと提携

LVMH、化粧品・香水ブランド向け持続可能なパッケージングでDowと提携

1月26日、材料科学大手のDow Inc.は、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)ビューティーとの新しいコラボレーションを開始した。LVMHの香水・化粧品製品ブランド全体で持続可能なパッケージングの使用を加速させることを目的とし、今年中に主要ブランドでバイオベースおよびサーキュラープラスチックの利用を始める予定であることを明らかにした。

大手ラグジュアリー企業LVMHの一部門であるLVMHビューティーの香水・化粧品ブランドには、Parfums Christian Dior、Parfums Givenchy、Guerlain、Benefit Cosmetics、STELLA by Stella McCartneyが含まれている。LVMHグループのサステナビリティへのコミットメントには、2026年までにパッケージングに使用される化石由来のバージンプラスチック廃止が含まれており、2023年の中間目標では持続可能な素材への取り組みを強化する。

新しい取り組みのもと、両社は高級香水のキャップや化粧品のクリームジャーなどの用途に、バイオベースおよびサーキュラープラスチックを統合する。同プラスチックは、Dowの持続可能なサーリン・アイノマーを使用して製造される。バイオベースポリマーは、代替生産プロセスからの廃棄物残渣または副産物のみを含む原料材料を使用し、サーキュラーSURLYNは高度なリサイクル技術によって変換されたリサイクルしにくい混合プラスチック廃棄物を利用する。

サステナブル・パッケージングへの取り組みは、香水ブランド「ゲラン ラ プティット ローブ ノワール」から開始される予定だ。

新しいコラボレーションは、Dowが10月にパッケージング・特殊プラスチック事業部門と連携した新しいビジネスプラットフォーム「サーキュラー・再生可能ソリューション」を立ち上げ、2030年までに年間300万トンのサーキュラー・再生可能ソリューションを商業化するという目標を掲げていることを受けたものである。

【関連記事】Dow、循環型・再生可能ソリューションに関する新目標を発表

【参照ページ】
(原文)LVMH and Dow intend to collaborate to improve sustainable packaging across major perfume and cosmetics brands
(日本語参考訳)LVMHとダウは、主要な香水および化粧品ブランドにおいて、持続可能なパッケージングを改善するために協力する意向です。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る