Hindustan Unilever・UNDPインド、プラスチック循環経済プロジェクトを開始

Hindustan UnileverとUNDPインド、プラスチック循環経済プロジェクトを開始

2月3日、国連開発計画(UNDP)とHindustan Unilever Limited(HUL)は、インドでプラスチックの循環型経済を実現するためのプロジェクトを立ち上げた。新たな取り組みとして、回収施設の設置、家庭での廃棄物分別の推進、インフォーマルな廃棄物収集セクターで働く数千人の社会的包摂を支援することにより、インドにおけるプラスチックの循環型経済の構築を目指す。

本パートナーシップの一環として、バリューチェーンに沿ってあらゆる種類のプラスチック廃棄物をリサイクルするための材料回収施設の設置を支援し、10万世帯に対して、より効率的に回収・処理できるように廃棄物の分別を促す予定である。

本プロジェクトでは、廃棄物回収業者として知られるインフォーマルな廃棄物セクターの労働者を社会的に取り込むことに重点を置いている。

全国の主要都市に住む2万人のSafai Saathisが、政府の福祉制度やその他の支援プログラムを利用できるよう支援する予定である。

本パートナーシップは、Safai Saathisの社会的包摂をこのような規模で推進するインド初の試みである。

本プロジェクトは、8,000トンのプラスチック廃棄物を埋立地から転換し、ムンバイに3つのリサイクル施設を設立、3,300人のSafai Saathisとその家族を福祉制度につなげたパイロット版の成功を受けて実施された。この試験的な取り組みにより、Safai Saathisの約75%が女性となった。

【参照ページ】
(原文)Hindustan Unilever and UNDP India launch plastic circular economy project
(日本語参考訳)Hindustan UnileverとUNDPインド、プラスチック循環経済プロジェクトを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る