EU、トーゴの農業やエネルギー等を支援するため約105億円を拠出

4月25日、欧州委員会は、トーゴ共和国の農業ビジネスとエネルギーの支援を目的とした2つのTeam Europe Initiatives(TEI)に対し、7,000万ユーロ(約105億円)を拠出すると発表した。TEIは、発展途上国のインフラなどへの投資を増強するためのEUの戦略「グローバル・ゲートウェイ」の一部である。

今回の融資は、フランス、ドイツ、欧州投資銀行(EIB)との提携によるもの。3,000万ユーロ(約40億円)の拠出は、農産業の発展や天然資源の管理強化に役立ち、4,000万ユーロ(約45億円)は予算支援プログラムで、基本的社会サービスへのアクセス、農業、コネクティビティを支援するという。

持続可能な農業ビジネスのTEIは、農業生産性の向上と天然資源保護を目的としている。パイナップルとカシューナッツのバリューチェーンを基盤に、食料安全保障の強化、雇用の創出、生物多様性の保全に取り組んでいる。2021年以降、EU予算から4,800万ユーロ(約71億円)、フランスとドイツから追加で7,200万ユーロ(約106億円)が拠出されている。本イニシアティブの一環として、女性による起業の加速、弾力的な食糧システム、農業生態学的移行を進めるための専用プログラムが設定されている。

エネルギーとコネクティビティのTEIは、2030年までに100%の電化を達成し、そのうち50%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。現在進行中の活動では、トーゴ領内の3500kmを超える配電網の延長、強化、高密度化、および医療センターや農場を中心としたオフグリッドシステムによる再生可能エネルギー4.5MWの発電に焦点を当てている。こちらもEU予算から4,190万ユーロ(約61億円)、フランスとドイツから8,500万ユーロ(約125億円)の支援を受けている。また、光ファイバーケーブルの敷設やデータ管理など、デジタルサービスへのアクセスを強化するための活動も検討されている。

【参照ページ】
(原文)Global Gateway: EU and Togo strengthen partnership in sustainable agribusiness, energy and connectivity
(日本語参考訳)グローバル・ゲートウェイ EUとトーゴ、持続可能なアグリビジネス、エネルギー、コネクティビティにおけるパートナーシップを強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る