Solvay、PFAS破壊技術開発への投資額4倍に引上げ

2月1日、Solvayは自然環境中に存在するパーフルオロアルキル酸及びポリフルオロアルキル酸(PFAS)を生分解や化学的に破壊する新技術の研究を加速するため、同技術への投資額を4倍に引上げたと発表した。

Solvayでは、生分解性技術開発の最前線にいるいくつかのパートナーを特定し、最高の研究を集め、これらのソリューションが現場でどのように適用できるかを判断した。その中には、プリンストン大学、ベオグラード大学、そしていくつかの新興企業も含まれている。同時にSolvayでは、PFASの化学分解(無機化)に関する独自の研究にも投資している。

パートナーを見つけ、過去の排出物からPFASを除去できる技術を開発することに加え、Solvayは研究&イノベーションへの投資を4倍に増やした。フッ素系界面活性剤を使用する必要がない、より持続可能な新しいフッ素樹脂を開発することができた。これにより、Solvayは 2021 年に米国でフッ素系界面活性剤の使用の廃止を達成した。

2026年までに、Solvayはイタリアのスピネッタ・マレンゴの拠点で、フッ素系界面活性剤を使用しないフッ素樹脂をほぼ100%製造する予定だ。一方、次世代のフッ素系界面活性剤であるC6O4を用いた新しいノンフッ素界面活性剤技術への移行期に入っている。

移行期間中も、新たな削減技術への投資は継続し、Solvayでは、スピネッタマレンゴの製造からフッ素系界面活性剤の排出をなくすことを目的に、最新技術への投資を継続している実績がある。

【参照ページ】
(原文)Teaming up to get rid of PFAS in the environment
(日本語参考訳)Solvay、PFAS破壊技術開発への投資額4倍に引上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る