Lowe’s、2050年までにスコープ1、2、3全体でネット・ゼロ・エミッションを達成する目標を設定

Lowe’s、2050年までにスコープ1、2、3全体でネット・ゼロ・エミッションを達成する目標を設定

12月5日、Lowe’sは、企業が気候科学に沿った排出削減目標を設定することを可能にする世界的な機関であるScience Based Targets initiative(SBTi)のガイドラインに従い、2050年までに同社のスコープ1、2、3の温室効果ガス排出量をすべてゼロにすることを目標に掲げたことを発表した。SBTiの中間目標を達成するため、Lowe’sは2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を40%削減し、スコープ3の排出量を2021年のレベルより22.5%削減することも約束した。

Lowe’sは、事業活動におけるエネルギー効率と再生可能エネルギーへのさらなる投資を行うとともに、車両や施設に関連する排出量を削減するための新技術を検討している。

2050年までにネット・ゼロを達成するために、Lowe’sの削減戦略には以下が含まれる。

  • 業務効率の向上と、Lowe’sプリント内での排出量削減への取り組み:Lowe’sでは、事業活動におけるエネルギー効率と再生可能エネルギーへのさらなる投資を行うとともに、車両や施設に関連する排出を削減するための新たな技術を模索している。
  • お客様に提供する持続可能な製品とサービスの継続的な拡大:Lowe’sは、ガス駆動の製品からバッテリーや電気駆動の製品への移行を引き続き奨励するとともに、ENERGY STAR®の認定を受けた製品など、エネルギー効率の高い製品の普及にも努めている。
  • サプライヤーと連携し、上流部門での排出量削減への貢献:Lowe’sはサプライヤーと密接に連携し、再生可能エネルギーや低炭素イノベーションの利用を通じて、業務効率の向上と排出量の削減に取り組んでいる。

ネット・ゼロの目標は、 Lowe’s のサステナビリティへのコミットメントと、スコープ1とスコープ2の温室効果ガス排出量を2016年比で40%削減するという2025年目標を4年早く達成したことを含む最近の進捗を基礎とするものである。また、2030年までに Lowe’s 施設の再生可能エネルギーを50%にすることを目指しており、2021年には戦略的サプライヤーの74%がサステナビリティ目標を掲げている。

さらに、 Lowe’s は家庭や建物のサステナビリティとエネルギー効率を高めている。2021年だけでも、ENERGY STAR認証製品の販売により、顧客が耐用年数にわたって3460万トンの温室効果ガス排出を削減できるようにした。

【参照ページ】
(原文)LOWE’S SETS GOAL TO REACH NET-ZERO EMISSIONS ACROSS SCOPES 1, 2 AND 3 BY 2050
(日本語参考訳)ローズは、2050年までにスコープ1、2、3全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を掲げています。

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る