RecticelとCovestro、共同研究プロジェクト「PUReSmart」の終了を発表

3月26日、RecticelとCovestroは、欧州全域を対象とした研究プロジェクト「PUReSmart」が終了したと発表した。本研究により、マットレスの軟質ポリウレタン(PU)フォームに元々使用されていた2つの主原料が、化学的手段によって高い品質と純度で回収できることを実証した。

EUは、Horizon 2020研究・イノベーションプログラムの下、PUReSmartプロジェクトに4年間で600万ユーロ(約8.7億円)の資金を提供した。Covestroは、PUReSmartプロジェクトに基づき、廃棄物処理業界のパートナーと協力し、フレキシブルフォームのリサイクルを産業利用まで発展させることを推進している。

PUフレキシブルフォームをリサイクルする他の化学プロセスとは異なり、このプロセスでは、化石由来のポリオールを使用しない。必要なのは、マットレスの廃棄物から分別されたフォーム、グリコール、添加剤だけだ。化学分解の結果、ポリオールとTDIの前駆体であるトルエンジアミン(TDA)が高純度かつ高収率で回収される。

再処理後、新しいPUフレキシブルフォームの製造に何度でも使用することができる。また、他の薬剤も化学分解工程で再び利用することができる。これにより、CO2排出量を削減したPUフレキシブルフォームの持続可能な循環型経済が実現する。

Covestroの最初の取り組みであるEvocycle CQ Mattressは、使用済みマットレスフォームを直接PUの主要な構成要素に戻し、合理的な循環型エコシステムを構築する。Covestroは、廃棄物を貴重な資源に変え、化石燃料の使用を減らし、CO2排出量の大幅な削減を目指すことで、PUマットレス業界のループを解消したいと考えている。しかし、このビジョンが実現するまでには、化学分解の規模を拡大すること、つまりアップスケーリングに関連する多くのステップを踏む必要がある。

Covestroの取り組みは2019年に始まり、これまでに達成された実験室での良好な結果を検証するため、早ければ2021年にレバークーゼンの拠点でパイロットプラントを開始する予定だ。試験が成功し続ければ、同社はより大きなリサイクルプラントを建設し、産業シミュレーション環境で技術を検証する予定である。

【参照ページ】
(原文)On the way to a closed loop for PU mattresses
(日本語訳)PUマットレスのクローズドループ化にむけて

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る