ノルウェー、国有企業に科学的根拠に基づく気候変動目標の設定を義務付けへ

10月25日、ノルウェー政府が最高議会に提出した新しい白書によると、ノルウェーは国有企業に対し、科学的根拠に基づく排出量削減目標を設定するよう求める予定だ。

本白書は、政府の方針を発展させ、国有企業に対する国の期待を強化するものである。ノルウェーは、12の異なる省庁にまたがって管理されている70の企業を所有しており、国の直接所有の価値は1兆2千億ノルウェークローネ(約166億円)と推定されている。

報告書では、パリ協定に沿った短期および長期の温室効果ガス排出量(GHG)削減のための目標設定と対策の実施など、気候、自然、生態系に関する企業への期待が示されている。目標は、可能な限り科学的根拠に基づくものとし、目標達成状況を報告することが期待されている。

【参照ページ】
(参考記事)Norway Warns on Executive Pay, Pushes for Climate Targets
(日本語訳)ノルウェー、国有企業に科学的根拠に基づく気候変動目標の設定を義務付けへ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る