Amazon、世界初のILFIによるゼロ・カーボン認証を取得した物流施設を建設予定

10月26日、Amazonはカリフォルニア州サクラメントにある新しいフルフィルメントセンターが、International Living Future Institute(ILFI)によるゼロ・カーボン認証を取得した世界初の物流施設となる見込みであることを発表した。

このフルフィルメントセンター「SCA5」は、持続可能な建築資材を使用して建設され、100%再生可能エネルギーで稼働している。

本発表は、Amazonが過去数年間に発表した一連の動きの中で最新のもので、2040年までに事業全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標の達成を目指したものだ。同社はすでに、企業として最大の再生可能エネルギー購入企業となっており、2025年までに企業活動の100%を再生可能エネルギーで賄うことを目指しているほか、配送車両の電化のための大規模な投資も発表している。

ILFI認証は、世界初のゼロ・カーボン第三者認証規格である。この規格に基づく建物の要件には、エネルギーと体積炭素の削減目標の達成、再生可能エネルギーの100%使用、建設に伴う排出の100%オフセットが含まれる。

このプログラムでは、12ヶ月間のパフォーマンス期間後に第三者による検証を受ける必要があり、アマゾンは、施設での丸1年の運用後、2023年までに認証を取得する予定であるという。

【参照ページ】
(原文)Inside Amazon’s newest Same-Day facility on track to be the world’s first ILFI Zero Carbon Certified
(日本語訳)Amazon、世界初のILFIによるゼロ・カーボン認証を取得した物流施設を建設予定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る