Societe Generale、約44兆円超のサステナブルファイナンス目標を設定。全従業員にCSR研修を実施

Societe Generale、約44兆円超のサステナブルファイナンス目標を設定、全従業員にCSR研修を実施

10月24日、欧州金融サービスグループのSociete Generaleは、2025年までに3,000億ユーロ(約44兆3,000億円)の持続可能な金融を促進する新たな目標や、ポートフォリオの排出量を削減する目標など、一連のESGおよびサステナブルファイナンスに関する公約を発表した。

同社の新たなサステナブルファイナンスの目標は、2020年に発表した、2023年までにエネルギー移行関連のサステナブルファイナンスソリューションを通じて2019年から2023年の間に1200億ユーロ(約17兆7,200億円)の資金調達を支援するという現在の公約に代わるものである。Societe Generaleは、2021年末までに1,570億ユーロ(約23兆円)を達成し、すでに従来の目標を大幅に上回っている。

新たに設定した目標は、環境と社会の両面をカバーするよう、取り組みの範囲を拡大するものである。

Societe Generaleはまた、発電や石油・ガスなどの主要な排出集約型セクターを対象とした、排出量に関連するいくつかの融資目標を発表した。発電セクターについては、2030 年までに発電セクターのエクスポージャーの炭素強度を 1kWh あたり 125g まで削減するという目標を立て、従来の 163g から引き上げた。他にも、石油・ガス生産部門へのエクスポージャーを2025年までに20%削減、石油・ガス生産の最終用途に関する炭素排出量の絶対値について、2030年までに30%削減するという新たな目標を設定した。

Societe Generaleは、サステナブルファイナンスと投資の目標に加え、ESG目標の統合を目指した取り組みについても概要を述べた。同社は、全従業員を対象としたCSRトレーニングに着手し、脱炭素社会の実現に向けた具体的な取り組みを開始したと述べている。また、すべてのプロセスにESG課題を組み込むための「ESGバイ・デザイン」プログラムを展開している。

【参照ページ】
(原文)SUPPORTING THE ENERGY TRANSITION: SOCIETE GENERALE ACCELERATES THE ALIGNMENT OF ITS ENERGY SECTOR PORTFOLIO
(日本語訳)Societe Generale、3,000億ユーロのサステナブルファイナンス目標を設定、全従業員にCSR研修を実施

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る