英国の規制当局、グリーンウォッシュに関する新しいラベルと開示規則を発表

英国の規制当局、グリーンウォッシュに関する新しいラベルと開示規則を発表

10月25日、英国の金融サービス企業および金融市場の行為規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、ESGの主張の誇張や虚偽表示によるグリーンウォッシュを取り締まるため、投資商品の持続可能性ラベルの導入や開示要件など一連の新規則案を発表した。

本規則は、昨年発表されたFCAの「ESG戦略」の一部であり、ESGラベル付き投資商品における信頼と誠実さの構築を主要テーマの一つとしており、金融セクターが前向きな変化を促進し、ネット・ゼロ移行に貢献するための支援における規制当局の役割を示すことを目的とした他のイニシアティブと並ぶものである。

本規則は、ESGに対する投資家の関心が著しく高まり、「ESG」、「グリーン」、「サステナブル」として販売される投資商品やサービスが急増する中、ファンドで考慮されている実際のESG関連属性、手法、基準を投資家に伝える明確なルールがないまま導入されたものである。FCAによると、規制当局は、「ESG認証に関する誇張、誤解を招く、または根拠のない主張は、これらの商品に対する信頼を損なう」として、持続可能性を主張する商品を消費者や投資家が信頼できるようにしようとしている。

FCAの取り組みは、米国のSECによる提案、EUの持続可能金融情報開示規制(SFDR)の枠組み、オーストラリアの最近の反グリーンウォッシング指針、シンガポールのMASが先週導入したESGファンドに関する新しい報告・開示要件など、投資商品のラベルや情報開示を明確にしてグリーンウォッシングリスクに対処する世界各国の規制当局の一連の動きの一部を成している。

新提案には、基準ベースの持続可能な投資商品ラベルカテゴリーの導入が含まれ、これには、時間をかけて持続可能性を向上させる商品のカテゴリーが含まれ、持続可能な投資ラベルに該当しない商品については、「ESG」、「グリーン」、「持続可能」といった用語の使用制限がある。また、FCAは、投資商品の持続可能性に関する主要な特徴を理解するのに役立つ消費者レベルの開示と、機関投資家や個人投資家を対象としたより詳細な開示を提案している。商品の販売業者に対しては、ラベルや消費者向けの開示が消費者にとってアクセスしやすく明確であることを保証するための要件を提案している。

FCAはまた、持続可能な金融に関する監督上の関与を強化し、執行戦略を強化するとも述べている。本発表は、昨年、規制当局がファンドマネージャーに対して発表した書簡の中で、ESGに焦点を当てたファンドの申請書が期待に沿わないことが多く、実際の戦略や構成に裏打ちされていないファンドの持続可能性の側面について主張することが多いことを示し、申請書におけるESG関連の主張が誤解を招くものではなく、ファンドの戦略や構成を適切に反映するためにファンドマネージャーに期待すべき一連の事項を概説していることに続くものである。

【参照ページ】
(原文)FCA proposes new rules to tackle greenwashing
(日本語訳)英国の規制当局、グリーンウォッシュに関する新しいラベルと開示規則を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る