Mercedes-Benz、気候変動対策に関連する約1.6兆円の融資を獲得

Mercedes-Benz、気候変動対策に関連する約1.6兆円の融資を獲得

10月13日、Mercedes-Benzは、110億ユーロ(約1.6兆円)のリボルビング・クレジット・ファシリティを、同社のサステナビリティ戦略「アンビション2039」に沿った気候関連目標に関連した条件で、サステナビリティリンクローンに変更したことを発表した。

サステナビリティ・リンク・ローンは、持続可能な金融の中でも最も急速に成長している分野の一つで、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。グリーンボンドなどでは、調達した資金を特定のグリーンプロジェクトにしか充当できないのに対し、サステナビリティリンク債では、調達した資金を一般企業の目的に柔軟に使用できるため、企業の関心が急速に高まっている。

Mercedes-Benzの「アンビション2039」戦略は、2039年までにカーボンニュートラルなサプライチェーンを実現することを含め、今後10年以内にカーボンニュートラルな車両を提供することを想定している。

今年初め、同社は、2030年までに乗用車1台あたりのCO2排出量を50%以上削減する計画など、一連の新しい気候変動目標を発表し、サステナビリティに連動した金融商品の利用を増やすと発表した。

Mercedes-Benzの新しいサステナビリティ連動型融資は、融資のコミットメントフィーを通じて、完全電気自動車の保有比率など、一連の気候保護および二酸化炭素排出量削減目標に対する会社の業績に連動した負債コストが設定されている。同社によると、本融資の主要業績評価指標(KPI)は、最も緊急性の高いESG課題に焦点を当てるため、重要性分析を通じて選択されたという。

【参照ページ】
(原文)Mercedes-Benz converts Revolving Credit Facility into a Sustainability-Linked Loan

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る