IKEA、大型車のゼロ・エミッションを約束

 

9月20日、IKEAは世界的に有名な企業4社(Unilever、JSW Steel、Maersk、DPD)とともに、国際非営利団体The Climate Groupが発表した、車両の電化に向けた新しい輸送リーダーシップの取り組み、EV100+にコミットすることを発表した。

5社は、OECD諸国、中国、インドにおいて、2040年までに7.5トン超の中型・大型車(MHDV)をゼロエミッション車に移行させることを約束した。

EV100+は、2017年に開始され、現在5周年を迎えるクライメート・グループのグローバルEV100イニシアチブの成功の上に成り立っている。電気輸送を新しい常識にすることを約束する企業が集まっている。EV100は、世界中の120以上の企業を集め、合計で550万台以上の車両を保有している。

道路交通の電化は、運輸業界の脱炭素化のための重要なソリューションの一つである。大型道路交通の電化はまだ初期段階だが、再生可能エネルギーの利用可能性が高まっていることもあり、多くの国で電化が加速している。

IKEAの目標は、2030年までに気候変動に対応できるようになることである。年間200万個以上の貨物を扱う大手輸送業者として、IKEAには排出量を削減する責任があると同時に、輸送業界の脱炭素化の道を示し、加速させるチャンスでもある。

【参照ページ】
(原文)IKEA commits to zero-emission on heavy-duty vehicles
(日本語訳)IKEA、大型車のゼロ・エミッションを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る