JPモルガン、持続可能なテーマ型アクティブETFのラインナップを拡充

 

9月8日、JPモルガン・アセット・マネジメント(JPMAM)は、一連の新しいETFの発売を発表し、アクティブなサステナブル・テーマ別ETFのラインナップを充実させた。新しいファンドには、JPMorgan Sustainable Consumption ETF(CIRC)、JPMorgan Social Advancement ETF(UPWD)、JPMorgan Sustainable Infrastructure ETF(BLLD)が含まれる。

本発表は、JPMAM初のアクティブ・サステナブルETF戦略であるJPMorgan Climate Change Solutions ETF (TEMP)が2021年12月に開始されたことに続くもので、気候変動ソリューションに対する高まる需要から利益を得る立場にある企業への投資を目的としている。

新ETFはそれぞれ、サステナビリティに関連する主要なテーマから恩恵を受けると予想される企業に投資し、ソリューションを促進または開発している企業をターゲットとする。「持続可能な消費」ファンドは、持続可能な水システム、持続可能な農業と食品、持続可能な生産技術、持続可能な素材とデザイン、リサイクルと再利用などの主要サブテーマを含む、天然資源の保護、資源利用の改善、廃棄物の削減に役立つソリューションを開発している企業を対象とする。

社会的発展ETFの主要サブテーマには、必要不可欠な設備、手頃な価格の住宅とインフラ、医療と福祉、教育と人材育成、達成可能な資金調達、デジタルエコシステムへのアクセスなどがあり、持続可能インフラETFは、電力、再生可能エネルギー、輸送インフラから、水、デジタル、持続可能物流、医療、社会住宅、教育インフラまでの分野を投資対象とする。

【参照ページ】
(原文)J.P. Morgan Asset Management Expands Sustainable Thematic ETF Suite with Launch of CIRC, UPWD & BLLD
(日本語訳)JPモルガン、持続可能なテーマ型アクティブETFのラインナップを拡充

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る