Mercedes-Benz、2030年までに生産時の排出量を80%削減することを約束

3月30日、Mercedes-Benzは、2030年までに生産に伴うCO2排出量を2018年基準で80%削減する新たな目標を発表した。

本目標は、同日開催した投資家・アナリスト向けのESGカンファレンスにて、再生可能エネルギー、サプライチェーンの脱炭素化、サーキュラー・エコノミー、人権などを含む一連のESG関連の目標や取り組みの一環として発表された。

80%の排出量削減目標は、Mercedes-Benzが2030年までにスコープ1および2の排出量を50%削減するというSBTiが承認した既存の目標を2022年に達成したことを受けている。また、同社は2022年の初めから、世界中の完全所有の生産拠点でカーボンニュートラルを実現していると述べている。

Mercedes-Benzの生産における脱炭素化の進展に大きく寄与しているのが、再生可能エネルギーへの転換である。現在、Mercedes-Benzの工場で生産に使用されるエネルギー全体の45%を再生可能エネルギーが占めている。同社は、2030年までに自社の生産拠点で必要なエネルギー全体の70%を再生可能エネルギーが占めるようにする意向を示しており、2039年までに全世界の生産拠点が100%再生可能エネルギーで稼働し、CO2排出量がゼロになることを目指す。

また、2021年には、市場環境が許す限り、2030年までに全ての販売車のEVへの完全移行を目指す。本イベントでMercedes-Benzは、2022年にバッテリーEVの販売台数が67%増加したことを明らかにした。2023年にはEVの販売台数が約2倍になり、2020年代半ばにはEVが販売台数の最大50%を占めるようになると予想している。

バリューチェーンにおいては、Mercedes-Benzは、遅くとも2039年にはグリーン・スチール・サプライチェーンを実現するという目標を掲げているとし、世界的な鉄鋼会社SSABから化石を含まない鉄の調達への合意や、グリーン・スチールのスタートアップH2 Green Steelへの投資など、本目標達成に向けて行ってきた取り組みが紹介された。また、2023年末までにドイツのクッペンハイムにある新しいリサイクル工場で操業を開始した直後、バッテリーのリサイクル率を96%以上にまで高める計画や、バッテリーやセルのカーボンフットプリントを減らすためにサステナブルな材料を調達し使用する取り組みも紹介した。

【参照ページ】
(原文)Substantial achievements and measurable targets.
(日本語訳)Mercedes-Benz、2030年までに生産時の排出量を80%削減することを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る