スターバックス、デンバーからシアトルへのEV充電ネットワークの展開を開始

 

8月9日、スターバックスは、ボルボ・カーズと共同で計画しているデンバーからスターバックス・シアトル本社までのEV充電ルートの展開を開始し、ユタ州プロボの店舗にEV充電ステーションを設置したと発表した。

本パイロットプログラムは、3月に開催されたスターバックスの年次株主総会で発表されたもので、2030年までに「脱炭素ソリューションで小売業界をリードする」という同社の願望と、「資源ポジティブ企業」になるという目標を支援するために計画されたイニシアティブの一部を構成している。

両社は、今年末までに、ルート上の約100マイルごとに、最大15店舗のスターバックス店舗にボルボブランドのChargePoint急速充電器を最大60台設置することを目指す。

標準的なCCS1またはCHAdeMOレセプタクルを備えたあらゆるEVのドライバーは、有料で充電ステーションを利用することができるようになる。本パートナーシップの一環として、ボルボ車のドライバーは、充電ステーションを無料または優待料金で利用することができる。

【参照ページ】
(原文)Volvo Cars and Starbucks finalize locations and begin installing ChargePoint electric vehicle chargers at stores between Denver and Seattle
(日本語訳)スターバックス、デンバーからシアトルへのEV充電ネットワークの展開を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る