欧州委員会、再生可能水素の規制枠組みに関する協議を開始

5月23日、欧州委員会は、2018年再生可能エネルギー指令の下で再生可能水素に適用されるEU規則を明確化する2つの委任法に関する協議を開始した。これらの文書が採択されれば、再生可能水素の規制枠組みに関する欧州委員会の提案全体が完成することになる。

最初の提案は、非生物起源の再生可能燃料(RFNBO)を対象とし、運輸部門の再生可能エネルギー目標を達成するために重要な「再生可能水素」カテゴリーに該当する製品の基準を定めている。

GHG削減の方法論に関する2つ目の提案は、再生可能エネルギー指令で定められた温室効果ガス排出削減の閾値を満たすために、再生可能水素および再生炭素燃料のライフサイクル排出量を計算する詳細なスキームを提示している。これらの文書は、6月17日までの4週間、公開協議のために開かれている。欧州委員会は、すべての市民と利害関係者に意見を提供するよう求めている。

協議終了後、欧州委員会は最終文書を欧州議会と理事会に提案し、理事会は2ヶ月間の精査期間を経て、欧州委員会が最終的に採択する。

EUの脱炭素化目標を支える水素の重要な可能性(ロシア産ガスの輸入依存からの脱却を目指すREPowerEUの目標によってさらに強化されている)を考えると、これらの委任法は、今後数年間で水素投資を促進するというEUの野心に沿ったものである。

しかし、水素製造は化石資源による発電を奨励する可能性があり、これは水素の気候面での利点とEUのエネルギー安全保障を強化する役割を損なうことになる。このため、欧州委員会は、再生可能な水素の発電量の増加が、それに見合った再生可能な発電量の増加と一致するようにするための要件も定めている。

【参照ページ】
(原文)Commission launches consultations on the regulatory framework for renewable hydrogen
(日本語訳)欧州委員会、再生可能水素の規制枠組みに関する協議を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る