PGIM、新たなアクティブ運用型ESGボンド・ファンドを販売開始

5月25日、PGIMインベストメンツは、ESGの特性や実践に優れた発行体を選好するアクティブ運用の債券ファンド「PGIM ESG短期マルチセクター債券ファンド」の運用を開始した。

本ファンドでは、投資マネージャーはESG手法を活用し、まず除外スクリーニングを行い、次にポートフォリオ構築のために独自のESGインパクト評価を採用している。格付けはアナリストチームが行い、PGIMフィクスト・インカムのESG委員会が監督している。PGIMによると、通常の状況下では、ファンドは、ESGインパクト格付けが設定された閾値を下回る発行体の証券は購入しない。

【参照ページ】
(原文)PGIM INVESTMENTS LAUNCHES THIRD ESG BOND FUND
(日本語訳)PGIM、新たなアクティブ運用型ESGボンド・ファンドを販売開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る