EYとIBM、新しいサステナビリティ・データ&レポーティング・ソリューションを発表

3月6日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるEYとハイテク大手のIBMは、新しいサステナビリティ・レポーティング・マネージド・サービス・ソリューションの開始を発表した。サステナビリティ・データの取得、分析、管理、保証対応レポートの提供など、企業が拡大・進化するESG情報開示要件に対応できるようにすることを目的としている。

両社によると、本ソリューションは、EYのアシュアランスの専門知識とIBMのEnviziサステナビリティ・ソフトウェア・ソリューションを統合したもので、EY-IBMサステナビリティ・センター・オブ・エクセレンス(CoE)の拡大を意味する。2023年、EYとIBMは、ESGソリューションを提供し、企業のサステナビリティ関連の事業変革や取り組みを加速、管理、報告できるよう支援することを目的とした協力関係の拡大を発表した。

本ソリューションは、企業による進化する要件に対応するための人材、プロセス、テクノロジーへの継続的な投資や、適切な専門知識を持つ人材の確保などのサステナビリティ報告に関する課題への対処を支援し、また、コンプライアンスのみに焦点を当てるのではなく、長期的な価値の向上を支援することを目的としている。

新ソリューションの主な機能には、サステナビリティ・データを一元管理し、サードパーティや社内外のデータソースと統合したデータ管理、ESG報告やパフォーマンスに関する洞察のための柔軟な報告・可視化ツールを含む報告・分析、自動化されたコンプライアンス・モニタリングと報告を含むコンプライアンスとリスク管理、透明性と説明責任の向上を目的としたステークホルダー・エンゲージメントとコミュニケーション・ツールなどがある。

【参照ページ】
(原文)IBM Commits Up To $45M to Climate Adaptation, Starting With New RFP for Resilient Cities
(日本語参考訳)EYとIBM、新しいエンド・ツー・エンドのサステナビリティ・データ&レポーティング・ソリューションを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る