アル・ゴアのジェネレーション・インベストメント、約2,200億円のサステナブル・ソリューション・ファンドを立ち上げ

アル・ゴアのジェネレーション・インベストメントが約2,200億円のサステナブル・ソリューション・ファンドを立ち上げ

5月18日、アル・ゴア元米国副大統領が会長を務めるサステナビリティに特化した投資会社ジェネレーション・インベストメント・マネジメントは、サステナビリティと責任あるイノベーションに向けて産業を大規模にシフトする高成長企業への投資を目的とした17億ドル(約2,200億円)の新ファンド「Sustainable Solutions Fund IV」を立ち上げると発表した。

新ファンドは、高成長企業に5,000万ドル(約65億円)から1億5,000万ドル(約190億円)のマイノリティ出資の実施を目的としている。セクターを変革するネット・ゼロ、廃棄物削減、生物多様性を高めるソリューションを推進する企業、より良い健康成果とより低コストで利用しやすい医療制度を実現する企業、金融へのアクセス、不平等の削減、公平な未来の仕事を支援する企業に焦点を当てる。

ジェネレーション・インベストメントによると、投資先企業は、事業や経営の質だけでなく、企業の製品、サプライチェーン、組織文化の影響を含む、人と地球への直接的かつ広範な影響を測定する「システム・ポジティブ」な貢献などの要因で評価される。

【参照ページ】
(原文)Generation Launches $1.7 Billion Sustainable Solutions Fund IV
(日本語訳)ジェネレーション、17億ドルの「サステナブル・ソリューション・ファンドIV」を立ち上げ 

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る