コカ・コーラとボトラー8社、サステナビリティ特化型VC設立

コカ・コーラとボトラー8社、サステナビリティ特化型VC設立

7月12日、コカ・コーラとボトリングパートナー8社は、コカ・コーラシステムの二酸化炭素排出量削減に役立つ持続可能なソリューションを開発する初期段階の企業に投資するため、1億3,770万ドル(約196億円)のベンチャーキャピタルファンドを組成した。

重点分野には、包装、冷暖房、施設の脱炭素化、流通、サプライチェーンなどが含まれる。シード・トゥ・グロースのベンチャーキャピタル会社であるGreycroftは、グレイクロフト・コカ・コーラ・システム・サステナビリティ・ファンドを運用する。設立以来、Greycroftは30億ドル(約4,281億円)以上の資金を調達し、消費者、企業、医療技術、金融技術の各分野で400件以上の投資を行ってきたという。

コカ・コーラと参加ボトラーは、世界中のコカ・コーラ・システム販売量の約半分を占めている。本ファンドは、コカ・コーラのグローバルな事業におけるサステナビリティ・プロジェクトへの投資の歴史に基づいている。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Europacific Partners joins The Coca-Cola Company and seven bottling partners to launch sustainability-focused venture capital fund
(日本語訳)コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズは、ザ・コカ・コーラ・カンパニーと7つのボトリングパートナーと共に、サステナビリティに特化したベンチャーキャピタルファンドを立ち上げる。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る