排出量追跡・報告ソフトウェアの新興企業Plan A社、約39億円を調達

排出量追跡・報告ソフトウェアの新興企業Plan A社が約39億円を調達

9月20日、欧州の炭素測定・報告・削減ソフトウェア・プロバイダーであるPlan Aは、2700万ドル(約39億円)を調達したと発表した。今回の資金調達の目的は、チームの拡大とプラットフォームの機能拡大である。

2017年に設立されたPlan Aは、企業の炭素会計、脱炭素化、ESG報告ソフトウェアを提供している。同社のサステナビリティ・プラットフォームは、スコープ1、2、3の排出量にまたがるデータを自動的にマッピングし、各国の排出係数やデータセットと統合することで、ユーザーが科学的根拠に基づく目標を設定・達成し、データ収集や脱炭素化計画から非財務報告までのネット・ゼロプロセスを自己管理できるようにする。

同プラットフォームのソリューションは、温室効果ガス・プロトコルや科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)など、国際的に認知された科学的手法や基準に沿っており、適用されるコーポレート・カーボン・フットプリント(CCF)計算手法の正確性は、テュフ ラインランドの認定を受けている。

Plan Aは顧客ベースを1,500社以上に拡大し、2022年には前年比600%以上の増収を達成した。

同社によると、今回の資金で従業員数を240人に倍増し、欧州、特にフランス、英国、スカンジナビアでの事業拡大を目指す。また、同社のプラットフォームのScope 3カバレッジ、実行可能性、政策調整能力を向上させる予定である。

今回の資金調達ラウンドは、Lightspeed Venture Partnersが主導し、Plan Aが独占的グローバル・パートナーシップを締結したビザ、ドイツ銀行、Opera Tech Ventures(BNPパリバのVC部門)、HV Capital、Keen Venture Partners、Demeter IM、coparionなどの既存投資家が参加した。

【参考ページ】
(原文)Decarbonization Startup Plan A Successfully Secures $27M In Funding
(日本語参考訳)脱炭素スタートアップPlan Aが2,700万ドルの資金調達に成功

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る