中国政府、「第14次5カ年計画・バイオエコノミー発展計画」を発表

5月10日、 中国国家発展改革委員会(NDRC)は は、党中央委員会と国務院の決定と配置を実施し、中国のバイオ経済の高品質な発展を計画的に推進するため、「第14次バイオ経済発展5カ年計画」を発表した。

党中央委員会と国務院は、生命科学とバイオテクノロジーの発展を非常に重要視している。生物科学の基礎および応用研究の急速な発展、生命科学の新しい変化の繁殖、生命科学、バイオテクノロジー、医学と健康、医療機器などの分野における中国の欠点を挽回し、イノベーションを加速する。

今回の計画は、中国初のバイオエコノミーに関する5カ年計画で準備の過程では、4つの要件に重点を置いた。一つ目が、トップレベルの設計の強化。 中国は世界で最も生物資源が豊富な国の一つであり、生物産業と生物システムが揃っており、バイオエコノミーの発展を加速させるための好条件が揃っている。 このため、同計画は、体系的な概念、トップレベルの設計、将来を見据えた配置、全体的な実施を堅持し、バイオエコノミーの供給側と需要側の協調的発展に焦点を当て、生物資源の保存、開発、配分、利用を基礎とし、生命科学とバイオテクノロジーを国民経済の医療、健康、農業、エネルギー、環境保護の分野に幅広く浸透させ、現代バイオ産業システムの構築を加速させ、同計画に確固たる基礎を築いていくとしている。

二つ目は、国家戦略のサポート。 中国は社会主義近代国家の建設という新たな発展段階にあり、2世紀という目標に向かって邁進している。 この重要な戦略的好機の時期に、バイオエコノミーの発展と世界的なバイオテクノロジー革命と産業変革の波が大きな歴史的交差点を形成している。 このため、本計画は新しい発展段階に基づき、新しい発展理念を実行し、新しい発展パターンを構築し、バイオエコノミーを今後一定期間、中国の科学技術と経済戦略の重要な要素とし、生命と健康、気候変動、資源とエネルギーの確保、食糧安全などの主要課題に新たなソリューションを提供する。

三つ目に、良好な環境の整備。 ライフサイエンスやバイオテクノロジーにおける急速な更新ペースと短い反復サイクルは、関連する技術審査や製品アクセスに関する政策に新たな要件を提示している。計画では、バイオテクノロジー発展の法則に従い、イノベーションの奨励、寛容、慎重の原則を堅持し、産業アクセス、市場応用、知的財産権などの分野の改革を深化させ、良好なイノベーション生態を構築し、バイオ経済のイノベーション発展に資する政策環境の形成を加速するための協調的な努力をする。

四つ目が、開発と安全保障の両立。 バイオセキュリティは一般に、大国の安全保障システムの重要な要素となっている。 このため、同計画は国家安全保障の全体的な概念を堅持し、ボトムアップの考え方を強化し、生物経済発展と生物安全保障の保護を調整し、生物経済発展に影響を与える可能性のある生物安全保障リスクの予防と対応に重点を置いている。

本計画では、「イノベーション主導、サプライチェーン全体を意識したシステム思考、輸出入を含めた国内と海外のデュアルサイクルの構築、人民への利益、リスクコントロール」の基本原則を堅持し、発展と安全をよりよく調整し、拡大し努力する。目標としては2035年に、バイオエコノミーの総合力が世界トップになることを掲げている。

同計画では、生物医学、生物農業、バイオマス代替、バイオセキュリティの4つの重点開発分野と、イノベーション能力強化、民生用生物医学技術、現代種子産業強化、生物エネルギー・環境保護産業実証、バイオテクノロジーと情報技術の応用統合、生物資源保護・開発、生物経済先駆け地区建設の7大プロジェクトが提案されている。

【参照ページ】
(原文)国家发展改革委新闻发布会 介绍“十四五”生物经济发展规划有关情况
(日本語訳)国家発展改革委員会 記者会見 バイオ経済発展第14次5カ年計画を紹介

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る