FreeWire、BlackRockやbp ventures等の投資家から約160億円の資金調達

FreeWire、BlackRockやbp venturesら投資家から約160億円の増資を調達

4月27日、超高速EV充電スタートアップのFreeWire Technologiesは、BlackRockやbp venturesなどの投資家から、シリーズDファイナンスで1億2500万ドル(約160億円)の新規資金を調達したと発表。

2014年に設立されたFreeWireは、バッテリー一体型のEV充電ステーションと電源ソリューションを製造している。同社のBoost Chargerは、独自の電池と電力変換技術を組み合わせたもので、プロバイダーは大規模な送電網のアップグレードを必要とせず、既存のどこにでもある低電圧電力サービスを通じて超高速充電を展開可能。

今回の資金調達は、BlackRockが運用するファンドやアカウントから提供されるシニアコンバーチブルノートと、同時に行われる株式調達で構成されている。

今回の新たな資本は、 FreeWireのバッテリー一体型超高速EV充電技術の商業展開を加速させ、英国、カナダ、日本、オーストラリア・ニュージーランドなどの優先度の高い市場における需要増に対応するために製造能力を増強する。また、同社はカリフォルニア州に66,000平方フィート(約6000平方メートル)の新たな研究開発施設を建設中で、2022年夏までに完全稼働する予定。さらに、人材プールと研究開発への投資も行うと述べている。

【参照ページ】
(原文)FreeWire Technologies Announces $125 Million Series D Financing to Accelerate Deployment and Development of Next-Gen EV Charging Technology and Energy Management Services
(日本語訳)フリーワイヤーテクノロジーズ、次世代EV充電技術とエネルギー管理サービスの展開・開発を加速するため、1億2500万ドルのシリーズD融資を発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る