Coles、カーボンニュートラルな牛肉ブランドを発売

4月20日、Colesは、オーストラリアの大手スーパーマーケットとして初めて、カーボンニュートラルな牛肉ブランドを立ち上げ、新商品を発表した。

Coles Finest Certified Carbon Neutral Beefは、アイ・フィレからポーターハウス・ステーキまで7種類の牛肉が含まれ、今後12ヶ月間にわたって全国で展開される予定である。同ブランドは、オーストラリア政府の「Climate Active Carbon Neutral Standard」に基づき、カーボンニュートラルの認証を取得している。

今年初め、Colesのビクトリア州におけるサプライヤーの一つであるHopkins River Beefは、Beef Centralに対し、カーボンニュートラル牛肉がスーパーマーケットに並ぶのは確実で、サプライチェーンのカーボンフットプリントを追跡している、と語った。Colesによると、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の生産者と協力して排出量を削減し、同排出量はオーストラリア全国平均を19pc下回っている。

過去2年間、ColesはIntegrity Ag & Environmentの主席研究員であるStephen Wiedemann博士と共同で、植樹や植生が炭素隔離を通じて肉牛農場での純炭素排出量の削減に貢献する革新的な方法を研究してきた。これは、炭素の「インセット」と呼ばれるプロセスで、排出を削減するプロセスをその発生源で、または発生源に直接関連する場所で行うものである。

Colesは、連邦政府のクライメート・アクティブ・プログラムの一環として、自主的な気候変動対策を推進する政府とオーストラリア企業のパートナーシップのもと、インセッティングを試験的に実施した最初の企業である。

Colesはまた、クイーンズランド州南西部のArmoobilla Regeneration Projectからオーストラリア炭素クレジットユニット(ACCU)を購入し、牛肉の加工や店舗への輸送など、挿入措置の範囲外の排出をカバーし、製品群が確実にカーボンニュートラルであることを保証している。

Coles Finest Certified Carbon Neutral Beefには、Climate Activeのスタンプが押され、顧客が認証牛肉であることを確認できるようになる。本認証は、製品、サービス、その他の取り組みにおいてネット・ゼロ・エミッションを達成した信頼できる企業や団体に与えられるものである。

カーボンニュートラルビーフプログラムの一環として、Colesは農家と協力し、再生可能エネルギーの使用、より効率的な繁殖と成長の最大化のための牛群管理方法の変更、牛群の健康増進のための遺伝子選択の利用など、経営による排出を削減する方法を特定する。

新たなビーフのパッケージは、完全にリサイクル可能で、90%の再生資源と植物由来の資源から作られている。本取り組みは、ColesのパッケージングパートナーであるPlanticによるものである。

【参照ページ】
(原文)Coles becomes first major Aussie supermarket to launch own brand carbon neutral beef
(日本語訳)コールズ、オーストラリアの大手スーパーマーケットで初めてカーボンニュートラルな牛肉を自社ブランドで発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る