NGO、プラスチック製品の「グリーン」批判の半分は誤解、立法での明確な規制を要請

7月、ベルギー環境NGOネットワークは欧州のプラスチック製品82品目の「グリーン(環境に優しい)」の表示を調査した結果、多くの製品が「環境には優しい」ではなかったとの報告書を発表した。

今回の調査対象は、一般的なプラスチック製品のペットボトル、食器、レジ袋等。NGOネットワークは、国連環境計画(UNEP)が2017年に策定した「製品サステナビリティ情報提供ガイドライン」に基づき「関連性」「信頼性」「明確性」の3つの観点でチェック項目を作成した。それに基づき、82品目の実態を調査し、以下のように提言をまとめた。

  • 法規、及び規格での曖昧な定義を全て排除
  • 訴求可否に関して、明確な法律を規定
  • グリーンウォッシュに対する立法とレピュテーション制裁の強化
  • 持続可能な製品を基準化

【参照ページ】

(原文)Nearly half of ‘green’ claims on plastic products could be misleading – read our new report!

日本語訳)NGO、プラスチック製品の「グリーン」批判の半分は誤解、立法での明確な規制要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る