英政府、木材建築促進でロードマップ発表。不動産からのCO2排出削減

12月11日、英環境・食糧・農村地域省は、住宅や建築物の建設における木材の利用を拡大し、ネット・ゼロを達成するための政策ロードマップ「Timber in Construction Roadmap」を発表した。

建築における木材使用は、建築物からの排出を削減する最善の方法のひとつとされる。英国のGHG排出量の約25%は建築環境によるものであり、コンクリートよりもエンジニアリング木材製品で建設された大規模建築物の方が、最大400%多くの炭素を貯蔵することができる。

本ロードマップは、建設における木材の利用を増やすというビジョンを示すと同時に、経済成長、地方の雇用、平準化のための貴重な機会を提供する。現在、英国が使用する木材の80%は輸入に依存している。国内の生産能力を向上させることで、英国経済に20億ポンド(約3,700億円)以上貢献している林業と木材加工部門に、新たなグリーン・ジョブを創出できると見込まれている。

計画で定められた主なアクションには以下が含まれる

  • 木材と全生涯炭素に関するデータの改善
  • 建築材料としての木材の促進
  • サプライチェーン全体のスキル、能力、コンピテンシーの向上
  • 持続可能な木材製品の供給増加
  • 防火上の懸念への対処、エンジニアリング・マス・ティンバー利用の安全拡大
  • 保険会社、金融機関、保証業者との協力体制の構築
  • 技術革新と高性能木材建設システムの促進

【参照ページ】
(原文)New timber roadmap launched to boost UK construction and reduce emissions
(日本語参考訳)英政府、木材建築促進でロードマップ発表。不動産からのCO2排出削減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る