国際環境NGO、海運業に最適なエネルギーはグリーン水素とグリーンアンモニアと発表

4月13日、Ocean ConservancyとそのパートナーであるUniversity Maritime Advisory Servicesは、新たな報告書「Future Maritime Fuels in the USA – the options and their potential pathways」を発表した。本報告書では、どのような代替輸送燃料がすでに利用可能であるか、また、米国におけるそれらの燃料への移行はどのようなものになるかを論じている。

気候変動がもたらす悲惨な結末を回避するためには、世界経済を急速に脱炭素化する必要がある。ほとんどの場合、電化と再生可能エネルギーが最善の道筋を示す。しかし、すでに世界の排出量の3%を占め、今後も増加することが予想される大洋上輸送においては、ゼロエミッション燃料と省エネ装置の組み合わせが脱炭素化への最良の道となる。

水素とアンモニアは、温室効果ガスを排出することなく船舶の動力源となる可能性を持つ燃料である。排出量のライフサイクル全体で評価すると、グリーン水素とグリーン水素由来アンモニアは、パリ協定で定められた排出量削減目標を達成できる唯一の燃料と言える。グリーン水素燃料は、再生可能エネルギーを用いて水分子を水素に分解して製造され、グリーンアンモニアは、再生可能エネルギーを用いて空気中から窒素を分離して添加される。

グレー、ブルー、ブラウンといった他の水素燃料は、化石燃料と水素の混合物に依存しており、二酸化炭素を排出し、化石燃料のインフラを維持し続けることになる。現在、既存のグレーとブラウンの水素製造方法は、欧州連合の約3分の1に相当する量の二酸化炭素を排出している。メタンは温室効果ガスであり、20年間で二酸化炭素の81倍もの温室効果ガスを発生させる。この事実が、グレーやブルーの水素を製造する際に懸念されるもうひとつの理由である。このような水素の製造に伴う温室効果ガスの排出を削減するために、二酸化炭素の回収技術に頼るには莫大な投資が必要であり、その技術はまだ十分に効率的に二酸化炭素を回収することができない。

米国政府は、国際海運業界を化石燃料からグリーンな水素へと導く態勢を整えている。すでに米国政府は、2050年までに海運業界がゼロエミッションを達成できるよう支援することを約束し、ゼロエミッション燃料の使用を採用するための主要なグローバル・イニシアティブでリーダーシップをとっている。国内では、米国はすでに東西両海岸の航路にゼロエミッション燃料を採用するのに適した技術的専門知識とエネルギーインフラを有している。

海運業界をゼロエミッション燃料、特にグリーン水素に移行させるためには、できるだけ早く実現する必要があり、米国政府からの財政的、戦略的支援が必要である。政府は、エネルギー省の水素プログラム計画を見直し、再生可能エネルギーの生産を増やし、海運の総燃料消費の10%を占める既存の国内および地域の海運ルートを活用し、今後10年ですでに移行するための理想的な環境を整える必要がある。

【参照ページ】
(原文)Green Hydrogen-Based Fuels are the Best Option to Transition the Shipping Industry Away from Fossil Fuels, New Report Finds
(日本語訳)海運業が化石燃料から脱却するための最適な選択肢は、環境に優しい水素燃料であることが判明

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る