炭素市場のスタートアップ、Cloverlyが約25億円を調達

炭素市場のスタートアップ、Cloverlyが約25億円を調達

5月11日、気候テック・スタートアップのCloverlyは、1,900万ドル(約25億円)を調達したことを発表した。調達資金はボランタリー・カーボン・マーケット(VCM)インフラプラットフォームの開発、チームとグローバルプレゼンスの拡大を目的としている。

アトランタを拠点とするCloverlyは、ある活動から排出される炭素量を計算し、この影響に対処するためにリアルタイムでカーボンオフセットを購入するためのAPIとして、2018年に立ち上げられた。同社はまた、複数の炭素除去サプライヤーからのクレジットを提供する新しいサプライヤー・プラットフォームを立ち上げ、サプライヤーが商業運営を管理できるソフトウェアも提供している。

温室効果ガス(GHG)の放出を打ち消すカーボンオフセットプロジェクトとそれに関連するクレジットの需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想される。企業やビジネスがますますネット・ゼロの野望を打ち出し、自らの絶対排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスをとるためにオフセットに目を向けるからである。Cloverlyは、炭素クレジットの購入、あるいは自社の製品・サービス、・サプライチェーンに自社の技術を組み込むことによって、企業が気候変動対策を拡大することを可能にする。

同社は、シリーズA資金調達ラウンドで得た資金は、新しいサプライヤー・プラットフォームを含むVCMインフラの開発資金として、また、チームを3倍にする予定の大規模な人員拡張と、ロンドンに第2本社を立ち上げるための資金として使用されると述べている。

今回の資金調達ラウンドは、テクノロジーに特化したベンチャーキャピタル投資家のGrotech Venturesが主導し、新規投資家のAquiline Technology Growth, Impact Engine, Mission One Capital, New Climate Ventures, CreativeCo Capital、既存投資家のTech Square Ventures, SoftBank Opportunity Fund, Circadian Ventures, Knoll Ventures, SaaS Ventures, Panoramic Venturesが参加した。

【参照ページ】
(原文)Cloverly Announces $19M Series A Funding Round and Validation of the New Voluntary Carbon Market Supplier Platform
(日本語訳)Cloverly、1,900万ドルのシリーズA資金調達ラウンドと新しい自主的炭素市場サプライヤー・プラットフォームの検証を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る