Ford、EV部門と内燃機関部門を別事業に分割。EV事業は新目標を設定

Ford、EVとICEを別事業に分割

3月2日、自動車大手Fordは電気自動車(EV)部門と内燃機関(ICE)部門をそれぞれ別個の事業として分離する大規模な組織再編を発表した。

FordはEV部門 「Ford Model e」 を成長エンジンと位置づけ、EVプラットフォーム・バッテリー・充電・リサイクルなど、EVの技術と能力の開発を加速し、新型車の導入とEV生産の規模拡大を目指す。ICE部門 「Ford Blue」 は、コスト削減・オペレーションの簡素化・品質の向上により、収益性とキャッシュ創出に注力していく。

EVに特化した新ユニットの導入に伴い、FordはEV事業の新たな目標を発表した。2026年までにEVの年間生産台数を200万台(世界総生産台数の約3分の1)にすること、2030年までにEVが世界総生産の半分を占めること、EV市場のシェアを現在のFordの車両部門におけるシェアと同等またはそれ以上にすること、などだ。

またFordは今年、設備投資・経費・直接投資など、EVに50億ドルを投じ、2021年比でEV関連支出を倍増させると発表した。

さらに、Ford Model e は、電子商取引プラットフォーム・透明性の高い価格設定・フォード・アンバサダーによるパーソナライズされたカスタマーサポートなど、革新的なショッピング・購入・所有体験に焦点を当てる。

【参照ページ】
FORD ACCELERATING TRANSFORMATION: FORMING DISTINCT AUTO UNITS TO SCALE EVS, STRENGTHEN OPERATIONS, UNLOCK VALUE

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る