Impact Cubed、EUタクソノミー開示要件に対応した投資家向けソリューションの提供を開始

 

2月23日、サステナビリティに特化したデータ・分析・投資ソリューションを提供するImpact Cubedは、投資家がEUタクソノミーの開示要件を満たすための新たなソリューションを発表した。

EUタクソノミーは、サステナブル・ファイナンスに関するEU行動計画の一部である。本規則は、グリーンウォッシュ防止のため、グリーン投資の基準を明示し、市場参加者がどのように基準に合致しているかの開示を求める。

EUおよび米国の投資家との協議を通じて開発された本ソリューションには、データ・ポートフォリオ分析・既製の規制レポートが含まれているため、投資家はより持続可能なポートフォリオの構築が可能だ。本ソリューションは、昨年Impact Cubedが発表したSFDR PAIソリューションを補完し、投資家がEUサステナブル・ファイナンス情報開示規則の要求事項を満たすことを支援する。

【参照ページ】
Impact Cubed’s new EU Taxonomy solution provides global insights into green investments

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る