Impact Cubed、EUタクソノミー開示要件に対応した投資家向けソリューションの提供を開始

 

2月23日、サステナビリティに特化したデータ・分析・投資ソリューションを提供するImpact Cubedは、投資家がEUタクソノミーの開示要件を満たすための新たなソリューションを発表した。

EUタクソノミーは、サステナブル・ファイナンスに関するEU行動計画の一部である。本規則は、グリーンウォッシュ防止のため、グリーン投資の基準を明示し、市場参加者がどのように基準に合致しているかの開示を求める。

EUおよび米国の投資家との協議を通じて開発された本ソリューションには、データ・ポートフォリオ分析・既製の規制レポートが含まれているため、投資家はより持続可能なポートフォリオの構築が可能だ。本ソリューションは、昨年Impact Cubedが発表したSFDR PAIソリューションを補完し、投資家がEUサステナブル・ファイナンス情報開示規則の要求事項を満たすことを支援する。

【参照ページ】
Impact Cubed’s new EU Taxonomy solution provides global insights into green investments

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る