デルタ航空の株主が気候ロビー活動の透明性を求める投票を実施

Delta Air Lines

6/17(木)に開催されたデルタ航空の年次株主総会において、株主の過半数がデルタ航空の気候変動に関するロビー活動の透明性向上を支持し、気候変動に関心のある投資家にとって新たな勝利となった。

株主は、BNPパリバ・アセット・マネジメントが提出した議案に投票し、デルタ航空のロビー活動が、地球温暖化を2度C以下に抑えるというパリ協定の目標に合致しているかどうか、またどのように合致しているかについて、デルタ航空の取締役会が報告書を発行することを求めた。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る