ExxonMobil、2050年までの温室効果ガス排出ネット・ゼロ目標を発表

ExxonMobil、2050年までの温室効果ガス排出ネット・ゼロ目標を発表

1月18日、ExxonMobilは主要施設・設備の詳細な排出削減ロードマップを作成し、2050年までに操業資産の温室効果ガス排出をネット・ゼロ にするという野心的な目標を発表した。

本目標は、ExxonMobilの「Advancing Climate Solutions – 2022 Progress Report」(旧名称「Energy & Carbon Summary」)に記載されている。ネットゼロの目標は、スコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量に適用され、ExxonMobilの2030年の排出量削減計画に基づいている。パーミアン・ベースンの事業におけるネット・ゼロのほか、炭素回収・貯蔵、水素、バイオ燃料など、同社が幅広い経験を有する低排出のソリューションに継続的に投資することを含んでいる。

本報告書では、国連気候変動に関する政府間パネルの2018年特別報告書や国際エネルギー機関の2050年までのネット・ゼロシナリオなど、パリと連携した様々なネット・ゼロシナリオに対して検証した際に、ExxonMobilの事業戦略がいかに弾力的であるかを詳細に説明している。加えて、同社の短期・中期事業計画が政策や技術の進展とどのように調整可能であるか、将来における変更の必要性を評価するために、道標や先行指標をどのように利用しているかについて概説している。

ExxonMobilは二酸化炭素の回収・貯留、水素、バイオ燃料への投資を通じて、顧客の温室効果ガス排出量削減支援を本格化する。また同社は2050年までに運用資産のネット・ゼロを達成するために、上流、下流、化学事業の資産に適用可能な150以上の取り組み・ステップを設定した。

すでに実施されている最初のアクションは、エネルギー効率化対策、メタンガス削減、機器のアップグレード、ガス抜きや日常的なフレアリングの廃止などである。さらに、電力や蒸気のコジェネレーション、再生可能エネルギーや低排出ガス電力を利用した事業の電化など、影響力の大きい削減の機会もある。同社は、今年末までに事業関連の温室効果ガス排出量の約90%に対応する詳細なロードマップを確定し、残りは2023年に完成させる予定だと述べている。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil announces ambition for net zero greenhouse gas emissions by 2050
(日本語訳)ExxonMobil、2050年までに温室効果ガスの排出を完全にゼロにする目標を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る