欧州委員会、特定のガス及び原子力をEUタクソノミーにおけるグリーン投資に含めることを提案

欧州委員会、特定のガス及び原子力をEUタクソノミーにおけるグリーン投資に含めることを提案

1月3日、欧州委員会は、EUタクソノミーの分類体系に特定のガスと原子力をグリーン投資分野として含めるための協議の開始を発表した。

EUタクソノミーは、EUの持続可能な金融に関する技術専門家グループ(EU TEG)が策定した「持続可能な金融に関するEU行動計画」の一部だ。EUタクソノミーは、6つの環境目標のうち少なくとも1つに貢献し、他の環境目標に大きな影響を与えない重要な役割を果たす経済活動を分類することができるシステムである。

今回の協議は、12月にEU分類法気候委任法が承認され、今年初めから、最初の2つの目的である気候変動緩和、気候変動適応からこの規制が有効になったことを受けたものである。この規制は現在正式に開始されたものの、特定のガスと原子力をグリーン投資の対象分野とする評価はまだ続いている。

欧州委員会によると、特定のガスおよび原子力活動を対象とする分類補完委任法のテキストが作成され、現在、加盟国の持続可能な金融に関する専門家グループおよび持続可能な金融に関するプラットフォームとの協議が行われているという。

天然ガスと原子力は、化石燃料を使用した電力からより環境に優しいエネルギーシステムへの移行を促進するために必要とされる移行エネルギー源とみなされることが多いが、持続可能性を重視するいくつかのグループは、分類法にこれらを含めることは分類制度の目的を損ない、グリーンウォッシュの懸念に開放することになると警告している。

欧州委員会は、この協議を発表した声明の中で、「再生可能エネルギー主体の未来への移行を促進する手段として、天然ガスと原子力の役割があると考える」と述べ、これらのエネルギー源は、2035年までにガスを再生可能エネルギー源から調達するか排出量を少なくすることを義務づけるなど、厳格かつ明確な条件の下で分類されることになると述べている。

欧州委員会は、今月の協議を経て、この文書を正式に採択することを目指しており、欧州理事会と議会で承認されれば、同法は年央に発効する可能性がある。

【参照ページ】
(原文)EU Taxonomy: Commission begins expert consultations on Complementary Delegated Act covering certain nuclear and gas activities
(日本語訳)EUタクソノミー:欧州委員会、特定の原子力・ガス事業を対象とする補完的委任法に関する専門家協議を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る