タグ:炭素税

  • 英国、輸入品に炭素税を導入

    英国、輸入品に炭素税を導入

    12月18日、英国政府は、2027年までに炭素国境調整メカニズム(CBAM)を導入すると発表した。これは、一連の主要な排出集約型産業を対象とした輸入品に対する炭素税を設けるもので、英国の生産者が支払う炭素価格を英国外の…
  • EU、新輸入炭素税に製品排出量報告を義務付ける規則を採択

    EU、新輸入炭素税に製品排出量報告を義務付ける規則を採択

    8月17日、欧州委員会は、欧州の生産者が支払う炭素価格をEU域外の生産者と同等にすることを目的とした、輸入品に対するEUの新たな炭素税である炭素国境調整メカニズム(CBAM)に基づき、製品の輸入業者に対する報告規則を採…
  • EU、新炭素税と排出量取引制度の厳格化を承認

    4月25日、欧州理事会は、EUが気候変動目標を達成することを目的とした一連の新法を採択したと発表した。本決定には、輸入品に対する炭素税の創設や、経済における複数部門からの排出量削減を支援することを目的としたEU排出量取…
  • EU、輸入品に炭素税を導入へ

    EU、輸入品に炭素税を導入へ

    12月13日、欧州議会の議員およびEU理事会のメンバーは、輸入品に対する炭素税の導入を発表した。欧州の生産者が支払う炭素価格をEU域外の生産者と同等にし、気候政策が野心的でない国からの輸入によって製品の排出量を削減する…
  • EU加盟国、炭素税導入で合意

    EU加盟国、炭素税導入で合意

    フランスのマクロン大統領は、欧州連合の加盟国が炭素税の導入に合意したとSNS上で発表した。 この新しい措置は、EUに輸入される気候基準を満たさない製品に適用される予定だ。 今回の合意は、2021年7月に欧州…

おすすめコラム

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説
    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。
    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題
    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…
  4. SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか
    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  5. SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。
    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
ページ上部へ戻る