経済産業省、脱炭素化への移行に向け、鉄鋼分野の技術ロードマップを策定

経済産業省は10月27日、脱炭素への移行に向け、鉄鋼分野の技術ロードマップを策定したと発表した。トランジション・ファイナンスの推進を目指す。

【参考記事】今後はトランジション・ファイナンスが主流に!EUタクソノミーと日本の脱炭素化に向けた取り組み

背景には、2050年カーボンニュートラル実現のため、脱炭素化に向けた「トランジション(移行)」への資金供給が必要という。また本ロードマップでは将来的な革新技術や現状利用可能な省エネ・高効率化等など着実な低炭素技術についても、国内の各政策と国際的なシナリオ等を含め、背景や時間軸とともに表している。

同ロードマップについては、主に鉄鋼分野における低・脱炭素に向けた「技術」を取り扱っているが、トランジション・ファイナンスは、自社の低・脱炭素化に向けた投資だけでなく、脱炭素化に必要な幅広い取組みが対象になる。

【参照ページ】脱炭素化への移行に向け、トランジション・ファイナンスに関する鉄鋼分野における技術ロードマップを取りまとめました

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る