きらぼし銀行、東京都との「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」を締結

 

10月6日、きらぼし銀行(きらぼし銀行)は、東京都と「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」を締結したことを発表した。なお、地域金融機関としては初めての締結となる。

本協定は、都内中堅・中小企業におけるサステナビリティ経営の促進について、サステナブルファイナンスを通じて取組拡大を図ることを目的としている。

政府の「2050 年カーボンニュートラル宣言」や東京都の「ゼロエミッション東京戦略」の策定など、脱炭素を含む社会的課題の解決に向けた取組が活発化する中で、きらぼしグループは今後も東京都を始めとする行政などと連携し、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の視点を取り入れた投融資の積極的な推進により、中長期的な企業価値向上、ひいては地域社会・地域経済の持続的成長に貢献していく。

協定に基づく連携事項は以下のとおりである。
(1) 金融機関と連携したサステナビリティ経営促進事業の推進
(2) 中堅・中小企業におけるサステナビリティ経営の普及・促進に関する取組
(3) サステナビリティ経営に関する優れた取組事例等の情報発信

【参照ページ】
東京都との「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」の締結について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る