きらぼし銀行、東京都との「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」を締結

 

10月6日、きらぼし銀行(きらぼし銀行)は、東京都と「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」を締結したことを発表した。なお、地域金融機関としては初めての締結となる。

本協定は、都内中堅・中小企業におけるサステナビリティ経営の促進について、サステナブルファイナンスを通じて取組拡大を図ることを目的としている。

政府の「2050 年カーボンニュートラル宣言」や東京都の「ゼロエミッション東京戦略」の策定など、脱炭素を含む社会的課題の解決に向けた取組が活発化する中で、きらぼしグループは今後も東京都を始めとする行政などと連携し、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の視点を取り入れた投融資の積極的な推進により、中長期的な企業価値向上、ひいては地域社会・地域経済の持続的成長に貢献していく。

協定に基づく連携事項は以下のとおりである。
(1) 金融機関と連携したサステナビリティ経営促進事業の推進
(2) 中堅・中小企業におけるサステナビリティ経営の普及・促進に関する取組
(3) サステナビリティ経営に関する優れた取組事例等の情報発信

【参照ページ】
東京都との「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」の締結について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る